テロップデザイン

視認性を重視する

テロップが見づらいと「内容が入ってこず」離脱されてしまいます。

  • なるべく大きく(動画素材などの重要部分は隠さない程度に)
  • 背景と反対色を使う
  • 座布団を置く
  • 光彩やドロップシャドウを使用する
  • 境界線を細く引く(太くするとバラエティ感が出るのであまり良くない)

※上記を1~2適用させるとバランス良く仕上がります。
(やりすぎると派手になるのでNG)

デザインはキレイめにする

広告動画なのでバラエティ感が出ないように派手なデザインは控えます。

  • 境界線を太くしない
  • 境界線を二重三重にしない
  • 原色を使わない
  • ”シンプルに”を意識する

企業や商品のイメージカラーを使用する

イメージカラーを使用する事でブランディングを意識します。

  • そのカラーばかりだと1パターンに見えるので多用は避ける
  • 商品名が出てくるシーンなど、キメとなるシーンで使用する

場面やシーンに合わせたデザインにする

場面やシーンに合わせたデザインにして視聴者に訴求する事を意識します。

  • 場面によって、”フォント” ”色合い” ”レイヤースタイル”を変更いたします。
  • 上記の”場面”はポジティブなシーンやネガティブなシーンもそうですが、権威性などのシーンも含めて意識します。