音声

音声のカットはテンポよく

テンポが悪いと視聴者に離脱されてしまうので、視聴者が聞き取りやすい心地良いテンポ感を意識しております。

内容が入ってきやすいように意識する

テンポを意識するあまり、セリフの間を詰めすぎると逆に内容が入ってこなくなるので、
心地良いテンポ感を意識しつつ内容が入ってくるよう意識する。

場面の移り変わり、協調したいポイントはあえて間を持たせる

間を入れずに場面が変わると視聴者は混乱してしまいます。
強調したいポイントでもあえて間を入れて、BGMもなくす事で視聴者は「何だ?」注目します。

例えば「あなたは○○をご存知ですか?」というシーンで間がなかったら視聴者は考える時間がないですよね?
こういう感じであえて間を持たせる事を意識してます。

BGM

BGMはターゲットや場面を意識して選んでおります。

BGM1つでシーンの雰囲気をガラッと変える事ができます

  • 若い女性ならアップテンポでPOPな曲
  • 中年男性ならビジネス感のある曲
  • ポジティブなシーン(明るい未来を想像させる)
  • 権威性を示すシーン(なんか良さそう!と思わせる)
  • 問題を深堀するシーン(不安を煽る)
  • 限定感や煽りのシーン(急がなきゃ!と思わせる)

BGMは誰が聞いてもわかりやすい物にする

BGMはバックで小さく流れているので、中途半端に明るい曲を選んでもシーンの雰囲気にあまり影響ありません。
その為「誰が聞いても明るい曲」などわかりやすい曲を選ぶことでそのシーンの雰囲気をガラッと変える事ができます。

効果音

効果音もターゲットや場面を意識して選んでおります。

効果音でもシーンの雰囲気をガラッと変える事ができます。

  • 強調したい場面や訴求したい場面では「和太鼓など」
  • シリアスなシーンで「心臓のバクバク音」
  • ボケシーンで「ヘンテコな効果音」