📖ビジネス書要約

【8分で読める】~要約後編~中田式ウルトラ・メンタル教本 好きに生きるための「やらないこと」リスト41

投稿日:


はいどうも、サキです。

中田式ウルトラ・メンタル教本 好きに生きるための「やらないこと」リスト41

後編やっていきたいと思います!

前編では「基礎編」「仕事編」「人間関係編」を紹介しました。
まだ見てない人はそちらも良ければご覧ください。

前編はこちら

同じ内容を動画でも配信しています。
聞き流したい人はこちら↓

中田式ウルトラ・メンタル教本
好きに生きるための
「やらないこと」リスト41
~組織・集団編~

7.無理に緊張を解かない


プレゼンなどの人前に出るようなとき
面接や取引先など大切な人に会うとき
「めちゃくちゃ緊張する~」という人、多いと思います。


中田さん曰く
緊張には「悪い緊張」「いい緊張」があるといいます。

中田さんの動画を見たことある人は分かるかもしれないですね。


悪い緊張とは、準備不足によるものです。
あまり対策を打っていないまま本番を迎えて
「やばいやばい」と焦る緊張。
悪い緊張だけはしないようにしたいですね。


反対にいい緊張とは、
「これだけ準備してきたから絶対失敗したくない」
という緊張です。
これまでたくさんの準備と努力をしてきた。
それをダメにしたくない。
そういう緊張は全く問題ありません。
開き直ってみれば以外と本番では落ち着けます。


無理に和らげようとしなくていいんです。


緊張しているということは
自分がそれに対して真剣に向き合っている証拠なので
むしろ誇りに思えばいいんです。

あなたが緊張するほど真面目な人間であることに
胸を張ってください。

大丈夫です、そのままで上手くいきます。

8.競合しない


最近は副業をしている方
もしくは副業を始めようと考えている方が
増えていると思います。
“個人で稼ぐ力”というのが
どんどん重要視されてきていますよね。

ただ気を付けてほしいのは
競合の多いところで頑張らない
ということです。


例えば世間では
以前からグルメブームと言われていて
最近話題になったアンジャッシュ渡部さんをはじめ
グルメなタレントさんはたくさんいます。

おそらく中田さんでも
今からグルメ枠を目指しても
“労多くして功少なし”状態だと思います。


そして今中田さんは何をしているか。

「芸人×YouTube」
「芸人×アパレル経営」
「芸人×大学講師」
「芸人×サロン運営」

いろいろされていますよね。
そしてこれらは
競合相手がいないもしくは少ない組み合わせです。


競合相手が多いかどうか分かりませんが
例えば「営業マン×YouTube」で
使えるコミュニケーションの知識をどんどん配信するとか。

イラストを描くのが得意な人なら
イラストを上手に書くコツをだんだん学べる漫画を描いて
配信するとか。

やっている人が少ないであろう組み合わせ・やり方を探してみましょう。


今私はおそらくいないであろう組み合わせ
「コールセンター×本要約」で
話し方やメンタルの本メインで紹介していこうかなと思っていますが…
本の要約系はかなり増えているので大丈夫かな…
でも女性は少ないので頑張ります(笑)

また面白くて人に喜ばれそうなニッチなものを見つけたら
おそらくやってみると思います。

中田式ウルトラ・メンタル教本
好きに生きるための
「やらないこと」リスト41
~人生編~

9.感じたことを無視しない


直感や自分が感じたことの話です。

中田さんは“なんとなく感じた”ことを大切にしているそうです。

Appleの創業者であるスティーブ・ジョブズも
こんな言葉を残しています。

“直感はすでにあなたが本当になりたいものを知っている。
それ以外は二の次だ”



直感はそれほど大事だということですね。


例えば引っ越し先を探して内覧したとき
「なんか分からないけどこの部屋いやだ」
と感じたことないですか?

あとは、初対面の人でも
実績もあって雰囲気もよくて接しやすそうなタイプなのに
理由はないけどなんか引っ掛かる。
好感が持てないときとか。


直感を無視して良かったことの方が少ないのではないでしょうか?


職場でもそうです。

人間関係も特に悩んでない
業務内容も嫌いじゃない
だけどなんかイマイチ成果を上げられない。

頑張っているのに評価されない。

そんな人もいるのではないでしょうか?


場合にもよりますが、
その人が活躍できないのは
その人の能力の問題だけではないこともあります。

「なんだかなー…」と感じるのであれば
転職をするのも1つの方法です。


「違う」と感じたら思い切って
その場所を離れましょう。


努力がすべて報われるわけではありません。

あなたにふさわしい場所でおこなわれた
正しい努力こそが報われます。

10.あきらめない


最後の項目です。

あなたも今までの人生であきらめたことは
たくさんあると思います。

欲しいものが買えなかった
やりたい仕事ができなかった
好きな人と付き合えなかった

中田さんはこう言います。

“あきらめてもいい。でも自分自身を絶対にあきらめるな”


何かをあきらめるというのは
新しい場所へ進むための一歩です。

最終的なゴールさえあきらめなければ
挫折しても次のステージはすぐそこにあります。



例えば、会社勤めを辞めたい
個人で稼ぐことを目標にしたとして

そこまでのステップ

例えば動画編集とかプログラミングとか
何かで挫折したとしても
自分自身をあきらめなければ
別の道を見つけることができます。

もしかしたら物販で成功するかもしれない。
別の新しいビジネスを見つけて
そこで成功するかもしれない。


あきらめの悪い中田さんも
テレビの世界ではあきらめざるを得なかったそうです。

同世代のファンがいる彼らですが、
同世代はテレビを見ない。

そこから動画配信の方向にシフトして
どんどん挑戦を続けています。


私たちも中田さんのように
自分自身をあきらめずに進んでいきたいですね。


中田式ウルトラ・メンタル教本
好きに生きるための
「やらないこと」リスト41
~内容振り返り~



ということで10個の「やらないこと」は以上となります。


では内容を振り返りましょう。


まず、好きに生きていくためには強くなろうぜということ。

「くじけないメンタル」と「冷静な思考」を持つための
やらないこと10個を紹介しました。


まずは基礎編

1.ネガティブな自分を否定しない
自信がなくなったり、ネガティブになったりしたときは
よく食べてよく寝る。
「誰でもこんな時もある」と開き直って
少し休みましょう。


2.感情を込めない

感情はあとからついてきます。
とりあえず行動する。
とりあえず言ってみる。
明確な意思を持とうと意気込まなくても大丈夫です。


仕事編では

3.やりたいことを探さない
自分のやりたいことが見つからないときは
“何がしたいか”より“何が喜ばれるか”という思考に
一度切り替えてみましょう。
やってみてダメならやめればいいです。


4.意見の9割は聞かない
自分に届く意見の1割だけ具体的で有益な批判が混ざっています。
その1割にだけ、耳を傾けましょう。
残りの9割に該当するただの批判や罵倒は無視しましょう。


人間関係編では

5.他人の評価を気にしない
まわりの評価を気にしないためには
「高エネルギー体の持ち主」になりましょう。
そうなるための方法が
「無理やりでもポジティブな言葉を発すること」
とにかく前向きな言葉を連呼しましょう。


6.あこがれで終わらない
あこがれている人がいるなら、あこがれで終わらず
その人のいいところをどんどん真似しましょう。
些細なことからでもいいです。
その精神が自分を成長させてくれます。


組織・集団編では

7.無理に緊張を解かない
緊張には「悪い緊張」と「いい緊張」があります。
いい緊張をしているときは
自分がそれに対して真剣に向き合っている証拠なので
あなたが緊張するほど真面目な人間であることに
胸を張ってください。


8.競合しない
すでに競合の多いところで頑張っても
労多くして功少なしです。
競合相手のいない、あるいは
少ない組み合わせを探してみましょう。


人生編では

9.感じたことを無視しない
直感や自分が感じたことを大事にしましょう。
そういうものは意外と当たります。
「違う」と思ったら離れましょう。


最後10.あきらめない
あきらめてもいいです。
何かをあきらめるというのは
新しい場所へ進むための一歩です。
ただし、自分自身のことは絶対にあきらめないでください。
あきらめたらそこで試合終了です。


という内容でした。


本書では、今までの価値観が変わる内容がたくさんありました。
私も今までやってしまっていたこともありましたが、
この本のおかげで少し楽にいけそうです。

ネガティブ期に突入したときには
今まで自分を責めていたので
これからは自分に優しくしようと思います。
(すでにポジティブ)


中田さんからのメッセージとして、
本書にはこう書かれてありました。

“生きることにへこたれず、自分と仲間を大切に生きてほしい”

人生嫌なこともたくさんありますよね。

しかし、自分の考え方次第で
いくらでも人生を変えることができます。

中田さんは私のあこがれです。


この記事を見てくれているあなたも
今回の内容が少しでも気になっていただけたら
ぜひ

中田式 ウルトラ・メンタル教本 好きに生きるための「やらないこと」リスト41

読んでみてはいかがでしょうか。


ということで今回は以上となります。


ここまでお読みいただきありがとうございました。
また次回お会いしましょう。


同じ内容を動画でも配信しています。
聞き流したい人はこちら↓

-📖ビジネス書要約

Copyright© オールブルー , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.